住宅改修 Q&A

このページでは、お客様からよくいただくご質問をご紹介しております。

アルケミストでは、工事に取り掛かる前にお客様がお持ちの疑問やご不安をしっかりと解決できるよう、事前のご説明を徹底しております。

このQ&Aに掲載されていないことでも、気になることがありましたらいつでも当社までご質問ください。

ご依頼の有無に関わらず、誠心誠意・丁寧な対応でお客様の疑問を解決いたします。

【質問1】
介護保険ではどんな工事が対象になるのですか?

 

【回答1】

□ 手すりの取り付け
□ 段差の解消
□ 引き戸等への扉の交換
□ 和式から洋式への便器の交換
□ 滑り防止及び床材の変更
□ その他、上記工事に必要な付帯工事

上記のような工事が適用対象となります。
介護保険の適用に関しては、「介護が必要な方が日常生活を行うために必要な工事かどうか」です。
例えば、古くなったからという理由で手すりの交換をご依頼いただいたとしても、保険の対象にはなりません。

 


 

【質問2】
介護保険で利用できる住宅改修費の限度額はいくらですか?

 

【回答2】

20万円が上限となります。
その1割(2万円)もしくは2割(4万円)がご利用者様の負担額となります。

何度かに分けて使うことも可能ですが、金額はリセットされませんので、20万円を超えた分は全額自己負担となります。

 


 

【質問3】
介護保険を使う場合どんな書類を用意するのですか?申請の流れも教えてください。

 

【回答3】

お住まいの市区町村で決められた申請書類を提出します。
工事を行う前に事前申請書類を提出し、役所からの決定通知書を待ちますので、工事完了後に「保険が降りなかった」ということにはなりません。

 


 

【質問4】
和式→洋式への便座交換とともに水洗式にしたいのですが介護保険の対象になりますか?

【回答4】
浄化槽の設置など、水洗化工事は対象外となります。
便器の交換に伴う保険の支給対象となるのは、和式から洋式トイレに交換する際の配水管の長さや位置の変更に関するものとなります。

 


 

【質問5】
夫婦ともに「要支援」ですが、住宅改修給付は40万円まで使えますか?

【回答5】
使えますが、ひとつの工事に重複して使うことはできません。
例えばご主人の分は引き戸工事に、奥様の分は床の張り替えにといったように、別の工事にのみ使用できます。