和式から洋式トイレへの取り替え

和式トイレから洋式トイレへ入れ替えるメリット

和式トイレは足腰に負担が掛かりやすいので、和式トイレを使用している場合は洋式トイレに変更するバリアフリーリフォームを最初に行うことをおすすめします。

特に段差のあるタイプの和式トイレの場合、洋式トイレに変更するだけでかなり負担を軽減することができます。

また、出入口やトイレ内の広さにある程度のゆとりを持たせておくことで、車椅子や介護が必要になった場合にも対応できるトイレになります。

 

和式を洋式に変更するときの手順

1.既存部分の解体
和式便座や床、段差部分等を解体して撤去します。

2.床の撤去
既存の便器とタンク、床や壁のタイルを解体し、撤去していきます。
同時に既存の配管も撤去していきます。

3.排水管の移設
和式トイレの排水管はそのままの位置では利用できないので、洋式トイレの位置に合わせて移設します。

4.解体した床や壁の下地工事
解体した部分(床や壁など)の下地工事を行います。

5.トイレ工事と内装工事仕上げ
洋式トイレを設置し、床や壁をクロスやパネル等で仕上げていきます。
上記が大まかな流れになります。

【電話番号】045-442-4195
【受付時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】横浜市は戸塚市、泉区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区、南区、栄区、港南区、鎌倉市中心に近隣エリア

一覧ページに戻る