扉の交換

介護リフォームで特に有効なのが「引戸」と「折れ戸」です

□ 引戸
ドアを引き戸にするメリットはたくさんありますが、その中でも身体をひねらず開閉できるので車椅子でも楽に通り抜けができるという部分は大きいでしょう。
扉にはいくつか種類がありますが、バリアフリーリフォームでは特に引き戸が有効だとされています。

また、引き戸には床面積を有効活用できるということもあります。
開きドアだと、開閉のための広い面積が必要になるので、狭い場所から出入りしようとすると身動きが取りにくくなります。
引き戸であれば、開閉に必要な面積が小さくて済むので、狭い場所からの出入りがスムーズになります。

 

□ 折れ戸
折れ戸は主に浴室などに設置されているドアのタイプでビョウブのように折ることで横にスライドさせて開閉します。
開きドアタイプの浴室ですと、以下のようなデメリットがあります。

・出入りの際、一旦身体を交わさないとドアを開閉ができない
・内開きだとシャワーイスなどが置いてあると開閉ができない
・万が一、洗い場でドアにもたれかかって倒れてしまった時にドアが開かない
・手摺を付けたくてもドアによって壁への取り付けが出来ない箇所がでる

折れ戸にすることで、これらのデメリットをすべて解消することができます。

【電話番号】045-442-4195
【受付時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】横浜市は戸塚市、泉区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区、南区、栄区、港南区、鎌倉市中心に近隣エリア

一覧ページに戻る