手すりの取り付け

ご利用者様一人ひとりに合わせた位置調整

□ 廊下に手すりを設置する場合
廊下の手すりの位置としては、腕をまっすぐ下した際の手首の位置が適切とされています。
もしくは、大腿骨大転子と呼ばれる、股関節の横当たりの骨の位置に合わせても使い勝手が良いとされています。
この位置は、使う人によって微妙に位置が変わるので、当社では利用する方の身長などをお伺いし、適切な高さを見極めながら手すりを設置しております。

 

□ 階段に手すりを設置する場合
階段に手すりを設置する場合は、特に慎重に位置を確認する必要があります。
というのも、平面の廊下と比べて、転倒してしまった時の危険性が断然階段の方が高いからです。
高い位置に手すりを設置してしまうと、背中が丸まってしまった高齢者の方はのけぞりながら階段を上ることになります。
そのため、後方に転倒する危険性が増してしまうのです。
当社ではそういった事故が起こらないためにも、ご利用者様の身長を考慮して、慎重に設置位置を決定してまいります。

 

□ トイレや浴室に手すりを設置する場合
トイレや浴室といった狭い空間では、動作の立ち回りをスムーズにするためにも手すりの設置が必要な場所です。
特に車椅子を利用されている方の場合、トイレでは便座への座り直しが必要になります。
そんな時に、手すりがあるのと無いのでは、負担が大きく変わってくるのです。

もちろん、当社では便器に座った状態から立ち上がる動作の際のことも考えて、手すりの位置を確認しながら設置してまいります。

【電話番号】045-442-4195
【受付時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】横浜市は戸塚市、泉区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区、南区、栄区、港南区、鎌倉市中心に近隣エリア

一覧ページに戻る