段差の解消

敷居の段差解消

段差解消のご依頼でよくあるのは、トイレや各部屋への入り口の敷居における段差解消です。
こういった部分のバリアフリーリフォームでは、まず敷居の部分を取り除きます。

その後、取り除いた敷居の跡に周りの床と同じ高さになるように木を埋め込み、床をフラットにします。
もちろん、埋め込んだ木は塗装して周りの床と同色にすることができます。

もしくは、その木に滑り止め加工をした木目シートなどを貼ることで、違和感のないつなぎ目にすることも可能です。

 

段差解消スロープ

段差解消の手法として、段差にスロープを取り付けるという方法があります。
この施工方法が最も費用を抑えることができる方法です。

ただスロープを設置するだけだと傾斜ができ、靴下を履いた状態では滑りやすくなってしまいます。
当社では仕上げの際に滑り止め加工をしたシートを貼り、靴下でも転倒しにくいよう配慮しております。

【電話番号】045-442-4195
【受付時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】横浜市は戸塚市、泉区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区、南区、栄区、港南区、鎌倉市中心に近隣エリア

一覧ページに戻る